下松市のピアノ教室 ミュージックハウス•カンタービレのブログ

山口県下松市にあるピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」のブログです。 教室の公式ホームページは、http://cantabile.grupo.jp/です!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

私の嫌いな家事No.1は、アイロンがけです。笑

料理とか洗濯とかは好きなんですが(掃除はまあまあ好き)、アイロンがけは本当に嫌いです。

何が嫌いなのか?と自分を分析してみたところ、

1.重いアイロンとかアイロン台を出すのが面倒
2.冷ますまでに、娘がアイロンに触らないか、気が気でない
3.重いアイロンとアイロン台をしまうのが面倒

この3点が理由だと分かりました。

そこで、立ってかけられるアイロン台を買い(正確に言うと、「欲しい!」といろんな人に言っていたら、プレゼントしてもらえました!笑)、アイロンとアイロン台を出しっぱなしにすることにしました(^0^)

すると、大嫌いだったアイロンかけが、「あまり嫌ではない家事」に昇格しました。

**********

お子さんがピアノの練習に乗り気でない時、「ピアノに興味がないのかしら」と安易に考えがちなんですが、意外と、私のアイロンかけと同じように、「楽譜を出すのが面倒」とか「ピアノの蓋が重くて開けるのが億劫」などの理由が潜んでいるかもしれません(^^)

楽譜を出しっぱなしにすることを提案したら、練習量がアップした!という生徒さんもたくさんおられます。

練習したくない理由を、話し合ってみるのもおすすめですよ(^0^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

実は11月(予定ですが)に教室を移転します。

ただいま教室兼住居を建築中です。

昨日は、棟上げの後、上棟式とお餅まきをしました!

生徒さんもたくさん来てくれて、ありがたいです。

普段子どもがほとんどいない地区なんですが(笑)、子どもたちの笑い声が響いて、とっても盛り上がりました。

私も子どもの頃、近所の団地(東陽団地です。30年後に家を借りて住むことになるとは思いませんでした)で頻繁に行われていたお餅まきに、よく友達と行っていました。団地ができたてで、新築ラッシュだったのです。お餅まきのワクワクした雰囲気が大好きで(もちろんお餅も大好きなんですが)、楽しい思い出です。

最近お餅まきはめっきり少なくなったので、近所のちびっこたちや、教室の生徒さんや、私の娘に、あの楽しさを体験してほしいな〜と思って、棟上げの時には餅まきをしよう!と計画していました。

楽しんでもらえて良かったです!

お餅を拾う人も投げる人(夫と娘と大工さんたち)も、みんな表情が楽しそうで嬉しそうで、見ているだけで幸せな気持ちになりました(^^)
あのお顔を見れるだけでも、餅まきの意義があるな、と思いました。

娘も、工務店の社長さんに抱っこされながらお餅をまきました。
IMG_4400

お顔にモザイクをかけたせいで、何が何だか分からなくなりましたが(笑)、みんな本当に楽しそうに拾ってくれました!
IMG_4399

お越しいただいた皆様、ありがとうございました(^0^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日は、小2のMちゃんの振替レッスンでした!
5月のチャレンジを見事達成で、プリンセスのカードケースを選びました(^^)発表会で弾く曲を、引き続き地道に譜読みして、コツコツ頑張っています!

昨日は1人だけのレッスンでした(^^)
が、今日、新しい教室兼住居の上棟式とお餅まきがあるので、準備に奔走する1日でした・・・

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは年長さんのIくん♪
テキストをついに1冊終え、新しいテキストに!「これ、簡単〜!」と言いながら次々と弾くIくん、これからが更に楽しみです(^^)

次は小2のSちゃん♪
レッスンの前の準備を、少しずつ自分で考えてできるようになってきています!それに伴って、ピアノの技術もアップしています(^^)この2つは連動するのです!

次は小2のNちゃん♪
発表会で弾きたい曲がたくさんあるNちゃん、次々と譜読みをして、何を弾こうかな〜?と悩んでいます!スタッカートとアクセントの弾き方を、じっくり練習しました(^^)

次は小1のYちゃん♪
「難しい〜」と言っていた箇所を、一緒に練習!頑張って何度も練習したらできるようになりました!少しずつ達成感を感じてくれている様子です(^^)

次は年中さんのAちゃん♪
3歳の頃から音読みは抜群に得意だったAちゃんですが、最近、急激にリズム感も身についてきて、指もしっかりしてきて、急成長の予感です(^^)

最後は小5のRくん♪
ブルクミュラーに入ると同時に、メトロノームを買ってもらい、音楽辞典も届き、万全の練習環境になってきたRくん、メトロノームに合わせてしっかり練習しているそうです(^^)頼もしいです!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは年長さんのYちゃん♪
5月練習チャレンジのごほうびをもらった後、2歳上のお姉ちゃんをソルフェージュで抜かす!と、すごい気合いで頑張りました(^0^)

次は小2のAちゃん♪
「せきれい」を、さらに自分なりに追求して練習してきてくれました!細かいところまで丁寧に練習したことが分かる素晴らしい演奏です(^^)もちろん5月のチャレンジも達成です!


次は小4のSちゃん♪
5月のチャレンジのごほうびをもらった後、テキストも頑張りました(^^)毎日練習するようになってから、タッチが抜群に安定してきました!

次は年長さんのOくん♪
お母さんが見学されている中、一生懸命頑張りました!色々あったけどやっぱりピアノを続けたい!とお母さんに宣言したOくん、新しい気持ちで頑張っています(^^)

次は小4のKくん♪
発表会では「パイレーツオブカリビアン」のテーマを弾くことに決め、日々頑張っています!お母さんとの特訓の成果がバッチリ出ていました(^^)この調子でどんどん頑張ってほしいです!

最後は小4のSちゃん♪
ついに憧れの吹奏楽部に入部したSちゃん、ピアノと吹奏楽が、良い影響を与え合って、どちらも上達できたらいいな、と思います!精一杯応援したいと思います(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました! 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

お家での練習にどんな楽器を使うか?

全ての保護者の方の共通の悩みです!

現在、うちの教室では、アップライトピアノ:電子ピアノ:ハイブリットピアノが4:2:1くらいの割合です(^^)

山口県は、騒音(ピアノの練習の音は、興味のない人からすると騒音なのです)について大らかなので(笑)、結構アコースティックピアノ(電子ではないピアノ)の割合が高いと思います。

ちなみに、広島で教室をしていた頃は、アップライトピアノ:電子ピアノが1:6くらいの割合でした。(ハイブリッドは当時まだ普及していませんでした。)広島の郊外(安佐南区中筋)とは言え、住宅密集地だったので、なかなかアコースティックピアノをお家で弾ける子は少なかったです。

ピティナのホームページに良い記事があったので、リンクを貼っておきますね(^0^)

電子?アップライト?それともグランド?あなたにぴったりのピアノ探し

ピアノ指導者の意見は、100人中100人が「可能ならグランドピアノで。それが難しければアップライトピアノで。それが難しければハイブリッドピアノで。それが難しければ電子ピアノで。それが難しければキーボードで。」というものだと思います。

(続く!)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

私、以前は「物で釣ってやる気を出させるのは良くない」と思っていました。

この↓記事、ほんの9ヶ月前に書いたんですが、
http://music-house-cantabile.blog.jp/archives/3588048.html

ピアノ以外の事で気を引くより、演奏自体の充実感で気を引く方が、発表会が終わってからもモチベーションが長続きするような気がします。
「終わったら焼肉食べに行こうね!」とか
「帰りにケーキ買って帰ろう」とか
「上手く弾けたらおもちゃ買ってあげる」
などの声かけも悪くないとは思いますが、そう言われた子どもは「発表会、早く終わったらいいな!」と思ってしまいます。
それよりも、演奏自体が楽しみになるような声かけがオススメです。

 と書いています。

その後・・・実は考えが変わりました!
ずっと記事にするつもりだったんですが、誤解を招きかねないテーマなので慎重に・・・と思っていたらズルズルと9ヶ月も経ってしまいました・・・笑

理由は、以前から何度かブログに書いている、「親勉」を提唱しておられる小室尚子さんの考えに深く共感したからです。

書くと長くなるので、気になる方は検索してみてくださいね(^^)
(「親勉 ニンジン」と検索すると、色々な記事が出てくると思います。)

厳密に言うと、親勉の考え方全てに共感したわけではないのですが、この「ご褒美」に対する考え方は、目から鱗でした。

簡単にまとめると、

大人だって、給料が上がると思ったら資格試験やTOEICの勉強をしたりします。正しいことを言っても人は動かない、楽しくなければ!という考え方です。
資格を取ったらスキルが上がる、スキルが上がればお客様の満足度が上がるから、みんな資格を取りましょう!と社長から言われて、毎日勉強できますか?
それより、「この資格を持っている人には、毎月のお給料に1万円上乗せします」という方が、みんな頑張れるし、楽しいですよね!

大人がみんなしていることを、子どもがして何がいけないの?という考え方です(笑)


大人の女性などは、仕事を頑張ったら「自分へのご褒美!」と服やアクセサリーを買ったりしますよね(笑)

大人の男性は、「おいしいビールを飲むために、今日の商談を頑張ろう!」とかでしょうか(笑)

私の夫の前の会社(転職したのです)では、ある資格を取ると20万円のボーナスが出て、しかも月給も1万円アップ、ということで、こぞってみんな勉強して合格していました(笑)

これらは全て「楽しく!」というのがキーワードです(^^)
頑張った後のご褒美を楽しみに、楽しく頑張る!ということです。

*****

その後、お正月に生徒さん向けに練習チャレンジ第1弾(年賀状で)を提案したところ、とても良い反応!

そしてその後も月間で「練習チャレンジ」と称して企画を続けています!

この企画で、練習の習慣が付いた、という生徒さんが続出しています(^0^)

ここで重要なのは、みんな練習量がアップしているのに、嫌々練習している子は一人もいない!ということです。

みんな、「自分がやりたくて(ご褒美が欲しくて。笑)」やっているのです。

そしてその副産物として、「ピアノが上手になった」り、「決められた時間を過ぎても、楽しくて弾き続けてしまったり」ということが起こっています。

というわけで、これからも「練習チャレンジ」を継続していきたいと思っています!
(もっと良いやり方があるかもしれないので、方法はバージョンアップしていくかもしれません。)

*****

子どもに「ご褒美」を用意する時の私なりのルールは、「結果」ではなく「過程」に対してのご褒美をあげる、ということです!

例えば、テストで5位以内に入ったらご褒美、マラソンで10位以内に入ったらご褒美、ピアノ発表会で上手に弾けたらご褒美・・・これらは全て、私の中ではNGです。

大人なら、ものすごく頑張ったのに結果が伴わなかった時、「頑張ったけど、運が悪くて達成できなかったな・・・」とか「頑張ったけど、体調が悪くて本番では結果が出なかったな〜」などと自分を分析できますが、子どもは「自分の頑張りが足りなかったかから達成できなかったんだ・・・」と自信をなくす場合が多いのです。

子どもにとって大事なのは、頑張ること、毎日コツコツと取り組むこと、そして頑張れたことで自分に自信をつけること、だと思っています。

頑張っても、本番で上手くいかないことはよくあります。マラソンやテストの順位は、人と競った結果、目標に達しないこともあります。ピアノなど楽器の演奏は、本人の頑張りとは関係なく、上手く弾けることもあるし、弾けないこともあります。
これを大人は「そんなの常識」と分かりますが、子どもは分かりません。

というわけで、そういう不確定な要素にご褒美をぶら下げるのではなく、自分で目標を決めて、頑張れば必ず達成できることに、ご褒美を出す、ということが大切だと思っています。

そこで、冒頭の、以前私が書いた記事に戻ると、今でも

「上手く弾けたらおもちゃ買ってあげる」
という声かけはNGだと思っていますが、

「発表会まで毎日休まず練習できたら、発表会の後は焼肉食べに行こうね!」とか(笑)
発表会まで毎日休まず練習できたら、発表会の帰りにケーキ買って帰ろう!」とかの声かけは、「アリ」だと思っています(^0^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg

 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

本日、定期レッスンの予定だったのですが・・・

娘が熱を出し出席停止になったため、生徒さんへの感染防止の観点から、念のためレッスンをお休みにさせていただきました。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

今日のレッスンは、また振替レッスンを組みたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

先日、レッスンノートに書かれたお母様のコメントに、目が釘付けになりました!

「はっぴょうかいのはなしをしたら、自分からギロックのCDをきいて、れんしゅうをはじめました。ほかにもいくつかやってみたいのがあるみたいです。じぶんからピアノをひくことが、さいきんは多くなりました。」
(レッスンノートは、子どもも親のコメントを読んでいるので、子どもが読めるように、難しい漢字を使わないでください、とお願いしています。^^)

素晴らしいですね(^0^)

この生徒さんのやる気ももちろんすごいんですが、発表会の話をした時に、「あ!あのCD聴いてみよう!」と思える、つまり身の回りに色々なCDがある、というのが素晴らしいなあ〜と思いました(^^)

お母様が日頃から種まきをされている(音楽のある生活をされている)結果がどんどん出ているなあ〜と感じました!

以前、ブログにも書いた内容ですのでリンクを貼っておきますね。
素敵な曲を我が子が弾けるようになる方法

何を弾こうかな?と迷った時に、身の回りにCDや楽譜がたくさんあると、自然とその中から選びたくなりますよね。

ぜひ、お手持ちのCDを、子どもの周りにバラまいておいてください(笑)
バラまく、というのは、子どもが手に取れる所に置いて、いつでも勝手に聴いていいよ、と言っておくということですよ〜
(本当にばらまくと、うっかり踏んづけて割れます!)

*****

ちなみに我が家の場合・・・

うちの娘は今3歳ですが、暇さえあれば音楽を聴いています。
自分で操作できる2000円くらいのCDデッキを買ってあげて、私と夫のCDが1000枚くらいあるんですが、どれでも勝手に聴いていいよ、と言ってあります(^^)

今のところディズニーばかり聴いているんですが・・・笑
最近はパイレーツオブカリビアンのテーマ曲の冒頭部分がお気に入りです。

気に入ったフレーズを延々とリピートさせて聴く聴き方が、私にそっくりで、面白いです。
(私は、気に入った曲があると、飽きるまでその曲を聴き倒します。コードやメロディーを徹底的に頭の中で分析するのが好きです。笑)

将来的に、私と夫のCDラックから、どんどん好きなCDを選んで聴くようになるだろうな、そうこうしているうちに、ネットなどで自分で好きな音楽をどんどん探して聴くようにもなるだろうな、と思います。

そういう風に音楽に関わっていける人生は、豊かだな〜、と思っています(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは小2のNちゃん♪
練習チャレンジ達成で、ごほうびをプレゼント!Nちゃんは、プリキュアの塗り絵を選びました(^^)妹のYちゃんを気にかけ、Yちゃんの好きそうなプレゼントを残しておいてあげる、優しいお姉ちゃんです!
IMG_4182

次は年少さんのYちゃん♪
Yちゃんもチャレンジ達成でごほうびをプレゼント!プリンセスソフィアのカラフルホイッスルです(^^)プレピアノでは、声をあげて大笑いしながら一緒に演奏して、とても楽しかったです!

次は年長さんのYちゃん♪
Yちゃんもチャレンジ達成でごほうびをプレゼント!ディズニープリンセスの塗り絵です(^^)ついにテキストを1冊終え、次のテキストへ!「これ簡単!楽しい〜!」と言いながら弾いています!

最後は小4のFちゃん♪
Fちゃんもチャレンジ達成でごほうびをプレゼント!すみっこぐらしのスタンプです(^^)ブルクミュラーでは、やる気のFちゃんに伝えたいことが多すぎて時間が足りません。嬉しい悩みです!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

このページのトップヘ