下松市のピアノ教室 ミュージックハウス•カンタービレのブログ

山口県下松市にあるピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」のブログです。 教室の公式ホームページは、http://cantabile.grupo.jp/です!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは年長さんのIくん♪
リズムがどんどん読めるようになったので自信をつけたようで、「今日もこれをやる!」と自分からテキストを開いてどんどん進めて合格しました(^^)

次は小2のSちゃん♪
5月の練習チャレンジ、達成したのでごほうびをプレゼント!Sちゃんが選んだのは、ルームブレス!(輪ゴムを編んでブレスレットを作るセットです!)満面の笑みでした。よかったね(^^)

次は小2のNちゃん♪
Nちゃんも5月の練習チャレンジ達成で、ごほうびをプレゼント!なわとびを選びました(^^)お父さんとたくさん運動してね!発表会の候補曲を自分で決めて譜読みしてきてくれて、感動しました!

次は小1のYちゃん♪
「両手で弾くのが難しかった〜」と言いながらも、かなり弾けていたので、一緒に何度も練習して、無事合格!徐々に譜読みが速くなってきました(^^)

最後は年中さんのAちゃん♪
お家で、自分で本を出して一人で練習していたというAちゃん!「やればできる!」という経験を重ねると、自分から動くようになりますね(^^)素晴らしいことです!

5月も終わり、練習チャレンジ達成でごほうびゲットする生徒さんが続出しています(^0^)
とっても嬉しいです!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

今日は雑談です(^^)

生徒さんの保護者の方にメールやLINEでご連絡するんですが、短時間に超長文の文章をお送りするのでよく驚かれます(^^)

実は、LINEもメールも全てパソコンで打っています。
ブラインドタッチ(これは和製英語だそうですね。英語ではタッチタイピングと言うらしいです)が超高速なので、生徒さんにも、パソコンで楽譜などを探してあげる時に「先生、速すぎて指が見えません!」と、よく驚かれます(笑)

ブラインドタッチ、大学生の頃、ゲーム形式で級の判定ができるサイトで猛練習しました。
ものすごく楽しかったです。
楽しいことは、誰でも頑張れますね!
何というサイトだったか忘れてしまいましたが・・・

ピアノを弾く私の友人は、みんなブラインドタッチが得意な気がします。
手や指を見ずに文字を見て予測しながら入力していく作業が、手や指を見ずに楽譜の先を追って演奏する作業に似ているのかもしれないな〜、と思っています(^^)

というわけで、ブラインドタッチができる人は、ピアノの経験がなくても、ある程度弾くコツをつかみやすいのではないかな?と思っています。

*****

携帯(iPhone)でも、キーボード配置のローマ字入力を使っています。
(と言うとこれまた驚かれるのですが、私の周りでは結構ローマ字入力の人は多いです。)
が、やはりパソコンで打つ方が速いので、実は携帯に来るメールも全てパソコンで見られるようにしてあり(iPhoneはメールも全てMacと同期できるのです)、携帯に来るメールの返信は全てパソコンからしています(^^)

半年前、高校生の生徒さんに
「先生!今時ローマ字入力はありえませんよ!フリック入力の練習した方がいいですよ〜!」
と言われて練習したことがあります。
が、数日やってみて挫折しました・・・
今の若者はフリック入力が超高速で、すごいなあ、と尊敬します(^^)

今、最先端は音声入力ですね。
数年経ったら、キーボードで文字を打つこともなくなるのでしょうか・・・
まだまだ想像できませんが(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

ただいま夕方のレッスンは、おかげさまで満員で、ご入会待ちの方が10名おられます。
ほとんどの方は夕方遅い時間や土曜日をご希望で(あいにく土曜日はレッスンしていないのですが...)、ご希望に添えなくて大変申し訳なく思っています。

実はこの春、娘が幼稚園に入ったので、平日昼間の時間帯には空きがあります。
が、平日昼間に通える方はなかなかおられません・・・

このミスマッチを解消する方法をずっと考えていたのですが、半年前から私の頭の中にあった、動画アドバイスレッスンを、いよいよスタートさせたいと思います(^0^)

演奏動画をLINEでお送り頂いたり、Youtubeの限定公開でアップロードして頂いたりして、その動画を拝見してアドバイス(文章)を返信する事でレッスンする方法です。

この方法、全国的に見ると既に導入されている先生も数名おられますが、まだまだ少ないです。
というわけで、ノウハウなどが全くなく、1から手探りで作っていくような状況です。

が、私は困難な状況の方が燃えるタイプなので(笑)、楽しく準備に取り組んでいます(^^)

*****

私がレッスンをする上で大事にしていることは、まず、音楽の楽しさを教える事です。

人は楽しい事ならいくらでも頑張れる動物なので、とにかく楽しく!教えます。楽しく!と言っても、初心者にとっての「楽しさ」と、上級者にとっての「楽しさ」は違うので、その人のステージに合った楽しさを感じられるようなレッスンを心がけています。

次に大事にしていることは、やる気に火をつけることです。

いくらこちらが演奏技術や表現について良いことを言ったとしても、演奏する本人にやる気がなかったら、馬の耳に念仏なのです(笑)
というわけで、あの手この手で、褒めたり叱ったり持ち上げたりご褒美をぶら下げたり(笑)色々なことをして「やる気」を引き出しています。
そして、やる気が高まって高まって、本人が「もっともっと上手くなりたい〜!」と思うようになったところで、一気に技術やら表現方法やらを伝える方法を取っています(^0^)

*****

動画レッスンでは、生徒さんに実際に会うことなくレッスンするので、顔を合わせずに、文章だけで楽しさを伝え、やる気を出して、モチベーションを上げる方法を編み出す、というのが一番難しくて、やりがいのある部分だな、と思っています!

幸い、文章を書く事は、対面レッスンと同じくらい得意な方なのですが、それをどこまでできるのか?
全力で頑張りたいと思います。

詳細は、まもなくお知らせできると思いますので、ご興味がおありの方は、こまめにチェックしてみてください(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは年長さんのOくん♪
登場した時には元気で、しばらくソルフェージュなどを頑張ったのですが、終わりに電池が切れて、床で爆睡してしまいました・・・!帰りはおばあちゃんの抱っこで帰りました(^^)

次は年中さんのNちゃん♪
リズムを9曲、テキストを8曲も合格して満面の笑みでした!難しい課題も、以前は「でき〜ん」と言っていたのに、「頑張ってやってみる!」と言ってくれるようになって、成長を感じています(^^)

最後は小3のWちゃん♪
練習の習慣がついてきたWちゃん、どんどん弾けるようになって、テキストの曲を「この曲は、弾いてるとなんか楽しい気分になるんよね!」と言ってくれます(^^)


今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

今日も雑学コーナーです!

ピアノの楽譜、初級の頃は薄くて開きやすいものが多いんですが、上達するにつれ、だんだん分厚くなってきます。

レッスンで、生徒さんのうちほぼ100パーセントの子が、初めはこういう状態で弾こうとします!(笑)
IMG_4124
ページがボワ〜ンと浮いている状態です。
信じられないかもしれないですが、子どもは、ページをピシッと折ってしつける、という発想がないのです!笑

これで弾いていると、ページがボワ〜ンとめくれて別のページが開いてしまったり、ひどい場合は楽譜自体が閉じてしまったりします。

生徒さんには、楽譜の開き方を教えています(^^)
IMG_4125
新しい楽譜でもそうでない楽譜でも、一度開いてみて「ボワ〜ン」と浮いてくる楽譜は、一度表紙を中にしてしっかり折り込んで、根元(糸の部分)からしつけます!

そしてもう一度譜面台に立ててみると・・・

美しいですね!!!
IMG_4126
ぜひ、お家でもこのように美しい状態にしてから練習するようにしてくださいね(^^)

練習のストレスがかなり減りますよ(^0^)

練習用のクリップを使うのも禁止はしていませんが、クリップなしで演奏できるようにしておくのが基本です!
なぜなら、上達していくにつれ、1曲が見開きでは済まなくなってくるからです。

見開きで済まない曲はどうするのか?
(コンサートなどの本番では基本的に暗譜で演奏するので心配ないのですが、練習中の話ですよ〜 ^^)
答えは、めくりながら弾くのです!

実は、見開きで済まない長さの曲は、めくりながら弾けるように印刷されています(^^)
右手のみ、とか左手のみで弾ける小節が、ページの終わりに来るように調整されているのです。

めくる暇がないくらい音でいっぱいの曲もありますが・・・
そういう曲は、ページの終わりと次のページの始めの部分を暗譜したり、メモ書きしたり、コピーして貼ったりして対応します(^^)

話を戻して、めくりながら弾く時に、クリップは邪魔になります・・・

shopping
ト音記号とか音符型の可愛いクリップ、子どもたちは大好きですが、あれはあくまで「楽譜につけて、練習中の気分を上げるもの」(笑)であって、楽譜のボワ〜ンを防ぐグッズではないのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

今日は、公園大好きな娘を連れて、防府市にある大平山の山頂公園に行ってきました。
以前はロープウェイがあったのですが、もうなくなってしまったので、山頂まで車で・・・

山道を登る途中、なんと自転車で登っておられる方を見かけて、驚愕しました!
すごいですね!

最近、お出かけというと山にばかり登っている気がします。
GWには宮島の弥山、そして今日の大平山。
弥山はロープウェー、大平山は車で登ったので、なんちゃって登山ですが・・・笑

山頂からの眺め
IMG_4055
手前に見えるのが太華山、奥に見える島が笠戸島です。

自然の中で遊んで、リフレッシュできました(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは小2のNちゃん♪
以前は全く練習しなかったNちゃんですが、毎日練習する習慣がつき、持ち前のソルフェージュの力と合わさって、ものすごく上達しています!これから楽しみです(^^)


次は年中さんのAちゃん♪
前日は具合が悪かったというAちゃんですが、すっかり復活していつも以上に頑張りました!リズムの課題もどんどんできるようになり、成長がものすごいです(^^)

次は年少さんのYちゃん♪
雑談をしっかりして(笑)もっと仲良くなれました!Yちゃんの好きな食べ物も教えてもらって、盛り上がりました(^^)右手と左手を叩き分ける難しい課題もできるようになり、感動しました!

次は年長さんのYちゃん♪
毎日、寝る前の眠い時間にフラフラになりながら自分から練習するとのことです!素晴らしいやる気ですね(^^)

最後は小4のFちゃん♪
やる気が凄すぎて、こちらも伝えたいことが次々と出てくるので、レッスン時間が足りません!嬉しい悩みです(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは年長さんのIくん♪
リズム感抜群で、次々と課題をクリアしています!ソルフェージュのテキストも、ついに1冊仕上げ、新しいテキストに入りました(^^)

次は小2のSちゃん♪
毎日の練習を頑張っているのが、フォームの定着具合からよく分かります(^^)弾くこと自体が楽しくなってきたようで、嬉しいです!

次は小2のNちゃん♪
かなり読譜の力がついてきているので、初見でしっかり細かく読むために、事前に心の中で歌う練習、というのをやってみたところ、格段にミスが減りました(^^)

次は小1のYちゃん♪
Yちゃんも、どんどん読譜力がついてきています。読んだ瞬間に手が動くまでひたすら訓練しているところです!頑張っています(^^)

最後は小5のRくん♪
ピアノを弾くのが楽しくて仕方ない!という感じです(^^)憧れのブルクミュラーに入り、さらにやる気になってくれています!


今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

昨日のレッスン、まずは年長さんのYちゃん♪
以前は「もうこれで終わり〜!」と20分経ったあたりで自分からレッスンを終了していた(笑)のですが、30分間フルで頑張り「もう終わり?もっとやりたい!」と言ってくれるようになりました(^0^)

次は小2のAちゃん♪
忙しい毎日の中でも頑張って練習し、「せきれい」を通せるようになりました(^^)せきれいは、小鳥!小鳥の生態について色々話し、イメージを膨らませると、更に生き生きした演奏になりました(^^)


次は小4のSちゃん♪
毎日5分頑張っている!とのことで、1ヶ月で何分になる?1年で何分になる?と一緒に計算してみました(^^)継続することの凄さを実感してくれたようで、嬉しいです!

ちなみに、毎日5分の練習でも、
1ヶ月続けると150分(2時間半)に!
1年続けると1800分(30時間)にもなるんですよ〜(^0^)

これが毎日10分だったら?20分だったら?30分だったら?
と、ぜひお子様と一緒に計算してみてください(^^)
「継続は力なり」を実感できると思います。

次は小1のYくん♪
「難しいからお家でやってこなくていいよ、レッスンで一緒に練習しよう」と伝えていた難しい曲を、なんと一人で練習してきました!感動しました〜(^0^)感動しすぎて動画を撮るのを忘れました(笑)

次は小4のKくん♪
「せっかく毎日続いているのにもったいないよ〜」「少しずつだけど上手になってる!」とのお母様の毎日の声かけのおかげで、練習チャレンジ継続中です!素晴らしいことです(^0^)


最後は小4のSちゃん♪
テキストの難所を頑張っています!ソルフェージュの力がつくと、もっと楽に譜読みできるのですが、ソルフェージュの時間がなかなか取れないのが悩みです。ソルフェージュ重視でいこうと思います(^^)

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

発表会の準備に明け暮れています!

ミュージックハウス・カンタービレ 
第4回定期演奏会

日時:平成30年9月1日(土)13:30開演予定
 
場所:スターピアくだまつ2階 展示ホール
 

昨年は、教室を下松に移転して初めての発表会だったので、ステージに載るのが初めて!という生徒さんがほとんどでした。
というわけで、私の家族や友人総出で演奏会を運営しました(^^)
(夫が司会、母と娘が受付、友人のMちゃんがステージマネージャーでした!笑)

そんな生徒さんたち、昨年の発表会、クリスマス会、スプリングコンサートと本番をこなし、演奏会ってこんな感じでするんだ!とイメージが湧いてきたところだと思います(^^)

というわけで、今年は、生徒さんに、司会進行、受付、繰り出しなどを任せてみようと思っています!

子どもの持つ能力の可能性は無限大です(^^)
こちらが信じて任せれば、何でもできます!

コンサートを運営すると、色々な能力が身につくので、できる限り子どもたちに任せて、私は裏方に徹したいと思っています。
将来的な目標は、私が演奏会の初めから終わりまで客席で聴くことのできるコンサートを作ること!です(^0^)

実は前職の高校教諭の頃には、吹奏楽部の定期演奏会などは、すべて生徒が運営していました。
演奏会を開くためには、ホールの予約、広告掲載のお願い、文書の作成、プログラム作成、集金、リハの計画、当日の持ち物のチェックなどなどなど・・・まだまだここには書ききれないくらいの雑務が山ほどあるのですが、それらをほぼ全て生徒がやっていました(^^)
これらを生徒たちに任せるのは正直とても時間がかかりますし、私が一人でやった方が早い(笑)のですが、あえて「全部任せるから、頑張ってね!期待してるよ!」と分担して、やり方をしっかり教えると(場合によっては教えないで考えさせることも)、それぞれの生徒たちがそれぞれの持ち場で、驚くべき成長を見せてくれます!

ミュージックハウス・カンタービレでも、少しずつ、子どもたちに演奏会の運営を任せていきたいと思っています(^0^)
子どもたちがどんな活躍をするか、乞うご期待です!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
2c512adf.jpg
 

このページのトップヘ