下松市のピアノ教室 ミュージックハウス•カンタービレのブログ

山口県下松市にあるピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」のブログです。 教室の公式ホームページは、http://cantabile.grupo.jp/です!

2014年01月

ミュージックハウス•カンタービレの植木玲子です。
今日もお読みいただき、ありがとうございますニコニコ

本日最初は、一昨日の大学生Mさんのレッスンレポです。
Mさんは、昔ピアノをやっていたという経験者です。好きな曲を持ってきてね、と伝えておいたところ、久石譲の「Summer」を持ってきてくれました!映画「菊次郎の夏」のメインテーマです。
{A6538689-F8C8-467B-A631-2F3B19B69ADC:01}


さすが経験者!基本的な譜読みはバッチリです音譜
レッスンでは、
・体の使い方や重心について
・ペダルの使い方
・ペダルを使わないでレガートにする方法
・指づかいについて
・アルペジオの弾き方
・p(ピアノ)の部分のさらい方
などを、「Summer」を題材にして伝えましたニコニコ
大人のレッスンでの私のモットーは、「教則本を使わずに、曲の中で、必要な技術を身につける!」です。大人の方は、教則本の曲数をこなして技術を身につけていくよりも、好きな曲の一部分を取り出して論理的に説明した方が、納得できるし、反復練習も苦にならない(というよりもむしろ、何度でも反復したくなる)と思うからです。
後半は、ハノンを使った指の筋トレ方法を伝えて、レッスン終了~!
Mさんのレッスンでは、伝えたい事が多すぎて、ついついしゃべりすぎましたあせる
知識の詰め込みにならないように、次回はもうちょっとゆったりとした気持ちで臨もうと思いますビックリマーク

そして昨日の会員レッスン一本目は、2歳のKくん。
ちょっと人見知りで、心を開いてくれるために、前回まで色々、キョウリュウジャーを弾いたりブレイブインの決めポーズを習ったりしてきましたが(笑)、まだイマイチ心を開いてくれていない感じでしたしょぼん
でも、今日のレッスンでは、一気に仲良くなれましたー!!嬉しかったな~ビックリマーク
帰りには「また遊ぼうね音譜」と言ってくれて、無事お友達として認定(笑)。
だんだんゲームにも参加できるようになって、本領発揮ですビックリマーク恒例のリコーダーのお手入れ(グリス塗り)もバッチリやってくれました。「Kくんのお陰でリコーダーの調子がすごくいいんだよー!ありがとう!」と言うと、ちょっと嬉しそうでしたニコニコ来週も楽しみです!

そして昨日の会員レッスン2本目は、年長さんのBちゃん。レッスンも既に5回目で慣れてきたせいか、前回のレッスンではちょっと気が散って集中できていない感じがしていました。というわけで今日は、「気が散る暇を与えない」作戦でいきました。1つ1つの活動を、飽きる直前で切り上げて、「次はこれ!」「次はこれ!」と間髪入れずに取り組みました。
そのせいかどうか分かりませんが、今日はものすごい集中力で、いつもの倍の曲数を合格しましたビックリマークニコニコBちゃんには今日から本格的にソルフェージュの訓練もスタート。
{45A8CC27-684F-4CA8-859D-7A7FED577459:01}

呉暁先生の本で、楽しみながら読譜力を付けるつもりです。

さて余談ですが、Bちゃんを送り迎えして下さっているお父さん、いつも車の中でお待ち頂いていると思っていたら、なんと、レッスン中にうちの近所を走っておられるそうですビックリマーク驚愕のマラソンランナーでした!私、実はウェアだけ買って数回のランニングで挫折したクチなので、心から尊敬します!
うちの近所で木曜夜にランナーを見かけたら、きっとBちゃんのお父さんですよ~

それでは、また明日。

今日もお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

広島ブログ
参加しています♪

ミュージックハウス•カンタービレ
植木 玲子
カンタービレのホームページ
カンタービレのFacebook
カンタービレのTwitter
毎日たくさんいいね!やフォローをして頂き、ありがとうございます音譜

ミュージックハウス•カンタービレの植木玲子です。
今日もお読みいただき、ありがとうございますニコニコ

{861FBB74-EBC9-493B-B77C-34FE68207429:01}


ホームページのコラムを更新しました
音譜
「練習しなさい、は禁句です」

今日も会員レッスン2本終了です!
詳しくはまた明日~ビックリマーク

今日もお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

広島ブログ
参加しています♪

ミュージックハウス•カンタービレ
植木 玲子
カンタービレのホームページ
カンタービレのFacebook
カンタービレのTwitter
毎日たくさんいいね!やフォローをして頂き、ありがとうございます音譜

子どもをピアノに通わせている保護者の方、ついつい
「練習しなさい」
って言っていませんか?

宿題や家のお手伝いと違って、ピアノは楽しむものです。

子どもが
「今日もピアノを弾きたいな~そろそろ弾こうかな~」
と思っているところに、

「今日はピアノの練習しないの?
もうすぐレッスンだけど、ちゃんと弾けるの?
毎日練習しないとダメじゃないの!」

と言われると、一気に子どもの気持ちが萎えて
内心(やーめた)
「あとでやる~」
となってしまいます。

高いレッスン料を払って通わせているんだから!と、親の方が鼻息荒くなっては、かえってピアノを好きになること、そして上達することから遠ざかってしまいます。

誰でも、強制されたらやる気は出ませんよね。

私は料理が大好きで(というか、食べる事が大好きで)、いつも
「今晩のメニューは何にしようかなあ」
と考えています。
私が料理好きな理由はきっと、毎日夫が
「おいしいおいしい。家で食べる料理が一番おいしいなあ」
と褒めてくれるからです。
私にとって料理は、「主婦がやるべき仕事」ではなく、「楽しい趣味」なんですね。だからいくらでも頑張れます。
これを、もし夫が
「ごはん作るのが主婦の努めだろ!
ちゃんと栄養バランス考えて作ってるの?
またこのメニュー?たまには変わったもの作ってよ」
とか言う人だったら、頑張る気も失せて、手抜きでいいか、って思ってしまうかもしれません。こうなってしまったとき、料理は「毎日やらなければならない面倒くさい義務」になってしまいます。きっと義務になった瞬間に、チャチャっとできるレトルトでいいか、とか手抜きを考え始めます。


子どもにとっても、ピアノが「義務」になったら終わり。

保護者の方の声かけとしておすすめなのは、

「今日レッスンでやった曲、お母さんにも聴かせてよ~!」

「○○ちゃんのピアノ聴いてるだけで、幸せな気持ちになるなー」

「いつも楽しそうに弾いてるね!」

「先生が、○○ちゃんは今日も上手だったよって褒めてたよ」

「また上手になったんじゃない?」

「何度も繰り返して弾くと、だんだん上手くなってきたね」
(説教くさく言わないのがポイント)

「お父さんも、○○君のピアノ聴いてみたいって言ってたよ。
今度の日曜日に弾いてくれる?」

「お母さんもそれ弾いてみたい!教えてくれない?」

など、色々あります!

そして子どもがピアノを弾いていたら、ニコニコしながら聴いてあげて、下手でも褒めてください(笑)。家事をしながら背中で聴いていても、1曲終わったら、
「いい曲!なんていう曲?」
など、興味を持って聴いてるよ、という合図を送るのもいいですよ~
間違いを指摘してあげるのはピアノの先生の仕事。家では、少々間違っていても多めに見て、褒めまくってください。

「練習しないと先生に申し訳ない」とか、気にする必要はありません。
1週間ぶりにピアノに触る子でも、30分のレッスン中に集中できれば、ちゃんと上手くなります。

そして、ピアノや音楽を大好きな子どもは、いつの間にか、ほっといても練習するようになります。こうなったらしめたものです!
一時的に学校のことや部活が忙しくてピアノの事を忘れても、大人になったら、また必ずピアノを弾きたくなります。

私が育てたいのは、そんなピアノ好きな子どもです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

ミュージックハウス•カンタービレの植木玲子です。
今日もお読みいただき、ありがとうございますニコニコ

さて、おとといの体験レッスンレポの続き。

2人目は、小学1年生のYちゃん。
現在ヤマハの幼児科在籍中との事で、個人レッスンの教室を探して、体験レッスンにお申し込みいただきました。

お母様と、元気いっぱいの妹ちゃん(3歳)と一緒に登場音譜
ヤマハで使っている教材を持ってきてくれて、色々弾いて聴かせてくれました。「ぷらいまりー」という教材です。私も幼稚園の頃ヤマハに通っていたので、懐かしかったです。内容は当時とは全く別物に進化していましたが(笑)

{EFC3F583-9584-4407-AB25-59799B8ADA31:01}


「ピアノが大好き!」というだけあって、完璧な演奏ですビックリマーク
ただ、全部同じタッチで弾いていたので、「ピアノって、弱く弾くと弱い音、強く弾くと強い音が出るんだよ~」と言うと、「知らなかった」とニコニコこれ、ピアノ弾きの間では常識なんですけど、ちびっこは知らない子が多いです!
そこから応用して、ぷらいまりーの曲を表現豊かに演奏する方法をちょっと伝えたら、あっという間に大人の演奏にビックリマーク子どもの吸収力、すごいですニコニコまるでスポンジのようです。

お母様は何と吹奏楽経験者で、ママさんブラスの現役フルート奏者ビックリマーク発表会では是非Yちゃんと共演してくださいね、とお願いしておきましたニコニコ

その場でご入会いただきました音譜
親子共演の夢、広がります~~~音譜

お次は昨日の体験レッスンレポ。
3歳のNくんです!
{8C76F1A5-2096-405D-91D2-AE9B2425900C:01}


Nくんは、プラレールやブロック、野球が好きで、アンパンマンとしまじろうも大好き。
初対面の私に緊張して、ちょっと動揺していましたが、知っている歌(大きな栗の木の下で、まっかな秋、鬼は外)をピアノで弾いてあげると、小声で(笑)歌ってくれましたビックリマーク
そして、ピアノが大好きで、目を離すとすぐにグランドピアノの前に座って即興演奏しています音譜本当に大好きなんですね~!

お母様が「ここには私の好きなものがたくさんあります!レッチリのDVDにナウシカの全集に、もやしもんビックリマーク」とおっしゃっていました!もちろん私も大好きですが、全て夫の持ち物です(笑)

Nくんにもご入会いただきました音譜
ちょっとずつ私に慣れてくれたらいいな~と思いますビックリマークあの手この手を使って仲良くなるつもりです(笑)

最後に昨日の会員レッスンのお話。
3歳のIくんです。
Iくん、レッスンで「みぎて、ひだりて、りょうて」ゲームを何度もやって、最後には右左が分かるようになりました音譜
子どもを教えていると、混沌とした頭の中の回路がちょっとずつ繋がっていくのが感じられて、面白いですね~!

そして、最後にはアンパンマンの一部分を私の伴奏で演奏!喜んでくれて良かったですニコニコ

とっても長くなってきたので、会員レッスン2本目、大学生のMさんのレポは次回!

それでは、また明日。

今日もお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

広島ブログ
参加しています♪

ミュージックハウス•カンタービレ
植木 玲子
カンタービレのホームページ
カンタービレのFacebook
カンタービレのTwitter
毎日たくさんいいね!やフォローをして頂き、ありがとうございます音譜

ミュージックハウス•カンタービレの植木玲子です。
今日もお読みいただき、ありがとうございますニコニコ

昨日は、体験レッスンの2本立て。
ここのところ毎日のように体験レッスンのお申し込みを頂いています。
ありがとうございますニコニコ

さて、1人目は、なんと1歳のMちゃん。
お母様から「リトミックのレッスンはしておられますか?」とお問い合わせを頂き、「生の演奏を聴かせたいんです」と、とても音楽にご興味がおありだったので、私も勉強のつもりで体験レッスンをお受けしました。

{185328DF-0900-4819-A964-4687A6C8969F:01}


ミュージックハウス•カンタービレでは、最終的に自分の力で楽器を演奏できることを目的にしているので、皆さんが想像されるようなグループレッスンのリトミックとは少し趣が違います。(リトミックをピアノレッスンの導入=プレ•ピアノレッスンと位置付けています。)ご希望に添えるかどうか不安でしたが、お母様も、ピアノの導入としてのリトミック教室をお探しだったそうで、とても気に入って頂けたようで嬉しかったです音譜

ただ、やはりリトミックの個人レッスンをするには少し早すぎるようだったので、
「こちらはいつでもレッスンをお受けできますが、今の状態だとちょっと月謝がもったいないかもしれません。(会話がまだできないので。)そのお金で、色んな楽器を用意してあげて(今は100均におもちゃ楽器がたくさんあります音譜)、部屋に置いておき、自由に楽器で遊ばせるのがいいと思いますよ。あとは、色々な音楽を聴かせてあげてください。音楽に合わせてお母様が楽器で遊ぶのを見せるのもいいと思います。そうしながら、2歳まで待ってみてください。その間、公民館などでされているリトミックは月謝も安いので、気分転換に行かれてもいいかもしれませんよニコニコ」とご提案しました。

お母様は「周りはどんどんリトミックとか始めているので焦ってしまって・・・」とおっしゃっていたので、「2歳でも3歳でも早いほうですよ。4歳や5歳から始めた子でもびっくりするぐらい上手くなりますよ音譜」とお伝えすると、安心されたようで、よかったですニコニコ「2歳になったらお願いします音譜」との事でした。こちらこそ、成長したMちゃんに会えるのを、楽しみにしていますビックリマーク

長くなってきたので、体験レッスン2人目のYちゃんについては、次の記事で・・・

お読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

広島ブログ
参加しています♪

ミュージックハウス•カンタービレ
植木 玲子
カンタービレのホームページ
カンタービレのFacebook
カンタービレのTwitter
毎日たくさんいいね!やフォローをして頂き、ありがとうございます音譜

↑このページのトップヘ