下松市のピアノ教室 ミュージックハウス•カンタービレのブログ

山口県下松市にあるピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」のブログです。 教室の公式ホームページは、http://cantabile.grupo.jp/です!

2017年05月

下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

 

週末は、祖母の法事やその準備で忙しく動き回りました。

無事終わって、ホッとしているところです。

 

さて、最近知人と、幼児の英語教育について話す機会がありました。

そこでふと、昔の同僚(高校)と話していた内容を思い出しました。

 

その同僚というのは、私よりも少し先輩の、英語の先生です。

英語の先生というと、みんな英語がペラペラと思いがちですが、実は違う、というのを私は教員になってから知りましたショック!

が、その先輩は本当に英語ペラペラで、AETと会話しているのを側で聞いていても、速すぎて聞き取れませんでした・・・

英検1級を持っていると聞いたので、雑談の中で、

 

「英検1級をお持ちだなんてすごいですね!そんなにペラペラだったら、大学を出る時に英語に関わる仕事を選び放題だったんじゃないですか?なぜ教員を選んだんですか?」

と尋ねると、

 

「私は教員の中ではしゃべれる方かもしれないけど、日本や世界で見てみたら、英語がペラペラの人(ネイティブも含む)なんて、掃いて捨てるほどいるんですよ。ただ英語が話せるだけでは仕事なんてないんですよね。英語はツールなので。英語を使って何ができるか、の方が大事なんです。で、私は英語をただ喋るだけしかできなかったから、教員になったんですよ〜〜〜(笑)」

と答えをもらいました。

 

終わりの部分は、多分に謙遜もあったと思うのですが、その内容に、なるほど〜〜〜と納得したのでした。

 

さて、ピアノや音楽でも同じことが言えます。

ピアノや楽器のテクニカルな面は、ある程度継続して努力すれば、誰でも身につきます。要領のいい人は身につくのが速く、そうでない人は時間がかかる、というのはあるかもしれませんが。

 

でも、大事なのは、その技術を使って、何を伝えたいか、です。

 

数ヶ月前からブログで生徒さんの演奏動画を公開するようになって、生徒さんや保護者の方から

「〜〜〜ちゃんは、とっても上手ですね!」

とか

「どれぐらい練習したらあんなに上手になるんですか?」

というコメントを頂くことが多くなりました。

他の子の演奏に興味を持てれば、そこからピアノや音楽そのものに興味を持つことにつながると思うので、そんなコメントは大歓迎です。

 

が、ただ自分(や自分の子ども)の進度を気にしている人が多いな、というのが少し気になっています。

 

結論から言うと、進度なんてどうでもいいのです。

何歳でどの教則本を終えたとか、何年生でブルクミュラーを弾いたとか、本当に、どうでもいいのです。

 

入門用のテキストを、ものすごく心を込めて弾く子がいるかと思えば、

ショパンを、ロボットのようにスラスラ弾く人もいます。

私が育てたいのは、間違いなく前者です。

ただ、語彙や知っている言い回しが増える(技術が身につく)ほど、伝えられる内容も増えてくるので、テクニックの習得がどうでもいい、というわけではありません。ツールを磨くのも、大事なことです。

 

そのためにレッスンの中で「もうこのテキストが終わったなんて、すごいね!頑張ったね!」という言葉はよく使いますが、それは、本人の努力に対して言っているのであって、他の子と比べて速いからすごいね、という意味ではないのです。

ですが、そこを子ども達(や保護者の方)に誤解されることが多いのも事実なので、もっと、私の思いを分かってもらうための声かけの仕方などを工夫したいな!と思って、色々研究しているところです。

 

と、いろいろ考えている中で、私が以前同僚に尋ねた質問は、愚問だったな〜と反省しましたガーン

 

そんなことを考えていた週末でした。

 

今日も、お読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

 


下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

 

昨日のレッスン、まずは小2のWちゃん音譜

楽譜を見ながら弾くことに抵抗がなくなってきましたニコニコ自分からテキストを開いて、どんどん弾いてくれますビックリマーク電気屋さんに展示してあるピアノで両手で弾いたよ!と嬉しそうに話してくれました!

 

次は、年少さんのNちゃん音譜

リズムを読む感覚が少しずつ分かってきて、私が課題を示す前に、自分から指差してどんどん読んでくれるので、とっても可愛いですビックリマークプレピアノのレッスンをしっかりした後に、ピアノの演奏にチャレンジしたいと思いますニコニコ

 

次は年中さんのOくん音譜

今日で2回目のレッスンです!実は日曜日に恋路のプールに遊びに行ったら、Oくんにバッタリ会いましたニコニコ少し慣れてくれたみたいで、先週恥ずかしがってできなかったプレピアノの課題に、一生懸命取り組んでくれましたビックリマーク

 

次は年少さんのAちゃん音譜

左右の認識がバッチリできるようになっていて、驚きましたビックリマーク30分間集中して座って話を聞いたり活動したりできるようにもなってきたので、いよいよピアノに入ろうかと思いますニコニコが、焦らずゆっくり頑張ります!

 

最後は、小5のNちゃん音譜

発表会では、コッペリアのマズルカに加え、大好きな曲「カントリー・ロード」と「千本桜」も弾くことになりましたニコニコ全くジャンルの異なる3曲を、どんな素敵な演奏に仕上げてくれるか、とっても楽しみですビックリマーク

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

先日、下関からKちゃんというお友達(といっても下関で高校教員をしていた頃の教え子です

ニコニコ)が遊びに来てくれました音譜

 

Kちゃんの娘さんとうちの娘は同い年ですニコニコ

娘は、久々にお友達に会えて大興奮!

 

ランチが終わった後、カフェの店員さんと一緒にツバメの観察・・・笑

{942D3106-2261-4856-8672-A0DF3FB54285}

楽しい時間でした!

 

今日もお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ

 

 


下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

 

今日のレッスン、まずは小2のNちゃん音譜

今日はなんと、小学校に登校する前の5時半から起きてピアノの練習をしていたそうですビックリマークあまりに驚いて褒めたら、「目が覚めちゃったからピアノでも弾こうかと思って・・・」とのことですニコニコ自分で時間を見つけて練習できていて、すごいですね!

 

次は小1のNちゃん音譜

いつも控えめなNちゃん、なんとか仲良くなりたいと思って、根掘り葉掘り学校のことを聞くと(笑)、色々話してくれて嬉しかったですニコニコたくさん練習してきてくれていつもソルフェージュの時間がなくなるので、次から順序を変えてみようと思いますビックリマーク

 

次は年長さんのYくん音譜

思い通りに指を動かす練習をしています!はじめは時間差がありましたが、徐々に、聞いた(思った)瞬間に指が動くようになりましたニコニコこの練習、年齢がもう少し上の、つい指を見て引いてしまう子にも有効ですビックリマーク

 

次は小3のSちゃん音譜

発表会の選曲をする中で、弾いてみたいという2曲を、右手だけは弾けるよ!というので、急遽連弾してみましたニコニコカープ応援歌は、広島に4年住んでいたのでバッチリ覚えていました(笑)お兄ちゃんが野球大好きだそうで、弾いてあげたいそうですビックリマーク

映像がぼやけているのは、iphoneのカメラ前のガラスが割れているからです・・・ガーン

反転させて撮ると、こうなってしまうのですガーン早く直さなければ!

 

次は小1のNちゃん音譜

テキストがバッチリ合っているようで、食い入るように楽譜を見つめて弾いていますビックリマーク手元を見て弾いてしまうので、どうにか手を見ないで弾けるように、レッスンしているところですニコニコあと少しで身につきそうです!

 

さて、春から立て続けに体験レッスンをしてきたのですが、先日、体験レッスンが全て終わり、新たに4名の生徒さんにご入会いただきました。

Yちゃん、Sちゃん、Oくん、Mちゃん、これからよろしくね音譜

 

時間割が満席になったので、しばらく生徒さんの募集及び体験レッスンはお休みし、今おられる生徒さんのレッスンに集中したいと思います。

ご希望の時間帯に空きがなく、体験レッスン及びご入会をお断りした方々、大変申し訳ございません。

 

来年の5月までは、急なお引越し等で退会される方がおられない限り、ご入会は難しい状況です。(毎年5月スタートで時間割を組み直しますので・・・)

もし急な退会・休会者が出た際にはご案内いたしますので、来春までに体験レッスン及びご入会をお考えの方は、ホームページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

今年は17名の生徒さんと一緒に、気分も新たにスタートですビックリマーク

(もう走り始めていますがニコニコ

目標は、9月の発表会で全ての生徒さんに達成感を感じてもらうことです!!

頑張りますビックリマーク

 

今日もお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ


下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。

 

昨日のレッスン、まずは年中さんのYちゃん音譜

今日で2回目のレッスンです!テキストを、これでもか!とばかりに弾きまくってきてくれていて、とても楽しく演奏してくれましたニコニコ最後には、私がリコーダーを吹いて、ミニ合奏もしましたビックリマークこれから楽しみですね〜!

 

次は小1のAちゃん音譜

ギロックの曲を使って、イメージをふくらませるレッスン!道化師、おばけ、ロバ・・・色々な物語の中で、どんどん想像がふくらんでいきますニコニコAちゃんはとっても想像力豊かな子で、こういう会話の後は、演奏が格段に良くなりますビックリマーク

 

次は小2のFちゃん音譜

テキストを1冊全て合格ビックリマークそしてソルフェージュのテキストも1冊全て合格ビックリマークとっても真面目なFちゃん、リズムを合わせようと必死ですニコニコ少し力を抜いて、リズムにとらわれずに楽しく弾いてみると、とっても素敵な演奏になりました!

 

次は小1のKくん音譜

ソルフェージュの力がついてきたので、テキストの曲を初見でかなり弾けるようになりましたビックリマーク本人も自覚しているようで、嬉しそうです!そして、発表会で、大好きなドラゴンボールの曲を弾くことになりましたニコニコ

 

次は小5のSちゃん音譜

動物と読書(特にハリーポッター)が大好きなSちゃん、発表会では、「ライオンの大行進」と「ヘドウィグのテーマ(ハリーポッター賢者の石)」を弾くことになり、気合いをビシバシ感じますビックリマークあさってピアノが届くそうで、とっても嬉しそうですニコニコ

 

発表会の曲決めを少しずつしていますニコニコ

(ご入会いただいて間もない生徒さんは、もうしばらく基礎力をつけてから選曲・・・という流れになりますニコニコ

どんな曲を弾いてみたい?という会話から、子どもたちの意外な一面を発見することがよくあります音譜曲決めはとても楽しい時間ですビックリマーク

 

今日もお読みいただき、ありがとうございましたニコニコ


下松市のピアノ教室「ミュージックハウス・カンタービレ」の植木玲子です。
 
今年から娘が幼稚園のお試し保育(週一回)に通うことになり、生まれて初めて、通園バッグなるものを作りましたビックリマーク
 
幼稚園に入ると、色々手作りしないといけないよ〜とは周りから聞いていたのですが、まさかプレ保育からバッグ作りがあるとは・・・笑
裁縫とか手芸がからっきしダメな私は、先延ばしにして、いつやろう、いつやろうと思っていました。
既製品をネットで探したりもしましたが、規定のサイズのものがありませんでした!
手芸店のバッグ作成サービスも検討しましたが、気に入った生地がなかなかなくて、やめましたガーン
 
そうこうしているうちに、ついにあと1週間で初登園の日、というところまで来たので、重い腰を上げて生地を買いに行きました。
娘の好きな猫の柄の生地です。
リサ・ラーソンっぽいですが、たぶん違うと思います(笑)
 
実家に行き、妹のミシンを借りて、母と妹に助けを乞い、どうにかこうにか出来ました・・・
{289BFA56-2619-448C-AA81-A64F51D14BA3}
取っ手がメビウスの輪みたいになっています(笑)
写真で分かるでしょうか・・・
気づいた時には修復不可能な段階でしたショック!
 
今回の1件で、つくづく「好きこそ物の上手なれ」だなーーーと思いました。
 
妹や母や叔母や祖母は裁縫手芸が得意です。(親族でなぜか私だけできません!)
私が「バッグ作りが憂鬱・・・」と愚痴を言うと、「やってみたら楽しいわよ!」とか「Tちゃん(娘)が手作りのバッグで毎日登園するの、ワクワクするじゃない!」とか「意外と簡単よ!」とか言われましたニコニコ
 
縫っている最中にも、母と妹が「ポケット付けたら可愛いんじゃない?」とか、「ステッチはこうしたら?」とか、ああしたらもっとかわいい、とか、あとちょっと工夫したらもっと素敵、とか見えないところもこういう風にすると仕上がりがキレイ、とか楽しそうに話していましたビックリマーク
 
一連の会話を聞いて、本当にみんな、裁縫や手芸が好きなんだな〜〜〜と思いましたニコニコ
私は、はっきり言って裁縫が嫌いなんだろうな〜・・・と。
 
好きだから、色々なものを手作りしてみたくなるし、時間を忘れて縫うことができるし、色々なアイディアが湧いてくるんですね。もう、手芸のことを話しているだけで幸せ、という感じです(笑)
 
そうしてみんな、好きで好きでいつもやっているから、得意になっていくんだな〜と、改めて思いましたニコニコ
 
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー
 
ピアノも、全く同じですねニコニコ
私は音楽が好きで好きで、いつも音楽のことを考えて、楽器を弾いていたら、いつの間にか先生になっていました(笑)
 
好きだから、練習方法を工夫したり、もっと上手くなりたい!と思って色々研究するし、世界中のいい曲を知りたい!という欲がいつもあるので、いい曲や楽譜に出会うことができます。
 
私は教えることもものすごく好きなので、これまた、その方法を探したり研究したりするのが、とても楽しいのです音譜
最近も、大きな気づきがありまして(また機会があれば書きます)、それを元にレッスンして、子ども達の大きな変化を感じているところです。
 
あとは、「好き」とか「楽しい」をキーワードに勉強する、「親勉」というのを最近知って、本格的に学びたいな〜と思っている今日この頃です。かなり、ピアノにも応用できそうなのでニコニコ
 
エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)というのを提唱している藤村正宏さんの考え方にも、共感することがとても多くて、文章を読み漁っていますニコニコ
 
やっぱり生徒のみんなにも、まずは音楽を好きになってもらうこと、好きで好きでたまらない!というくらいになってもらうことを目指すのが、一番上達への近道なんだろうなビックリマークと思っています。
 
今日はレッスンお休みですが、そんなことを考えていました。
 
お読みいただき、ありがとうございましたニコニコ
 
 

↑このページのトップヘ